1990年代 日本のドラマ

ドラマ【パパとなっちゃん】のフル動画を無料視聴!第1話から最終回までダウンロード!

ドラマ【パパとなっちゃん】のフル動画を無料視聴!第1話から最終回までダウンロード!

田村正和さんの「パパシリーズ第3弾!」小泉今日子さんとの親子の絆を描いた、コミカルなのに心温まる作品といえば、ドラマ【パパとなっちゃん】ですよね!

今日はドラマ【パパとなっちゃん】無料で見る方法について調べてみました!

結論からいうと、ドラマ【パパとなっちゃん】を無料で視聴するなら公式動画配信サイトParaviがベストの選択でした!
本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は Paraviサイト他各動画配信サイトにてご確認ください。

無料トライアルがある動画配信サイト【Paravi】に登録すれば、

今すぐ無料でドラマ【パパとなっちゃん】を見ることができるよ〜

田村正和主演【パパとなっちゃん】を無料で観られるParaviって何?

ドラマ【パパとなっちゃん】が無料で観られるParaviってどんなサイト?

アヤしくないの?

まぁ、わかるけどね・・・。

じゃあ、Paraviについてもう少し詳しく説明イタシマショ〜!

Paraviで配信中の人気作品

Paraviの無料トライアルを体験済みの場合

 

すでにParaviの無料トライアルを利用済みで、どうしてもドラマ【パパとなっちゃん】を無料で観たいという人にも、別の動画配信サービスの無料トライアルっていう手段が残されている可能性があります!

早速、ドラマ【パパとなっちゃん】がどのサイトで配信されているか観てみよう!

△ = 有料配信 × = 配信なし
サービス名配信状況お試し期間
U-NEXT×
Hulu×
TELASA×
Paravi
FODプレミアム×
Abemaプレミアム×
amazonプライム×
dTV×
TSUTAYA TV
TSUTAYA DISCAS

※2020年9月調べ 最新情報は各動画配信サイトでご確認ください。

Paravi以外でもその他のサービスを利用すればドラマ【パパとなっちゃん】を今すぐ見られるよ

TSUTAYA TV

無料トライアル期間が終わると、自動更新されて有料での利用がスタートします。
もしも無料期間だけで解約するときはお試し期間中に解約するのをお忘れなく!

田村正和主演【パパとなっちゃん】は動画アップロードサイトで見れない?

動画といえば、動画アップロードサイトをイメージするかも知れませんが、テレビ、映画などの映像作品は公式サイトを利用しないと罪に問われる危険性がありますから、注意です!

 

違法にアップされた動画をダウンロードしても刑罰の対象になります。

 

 

違法アップロードサイトでは詐欺被害やコンピューターウイルス感染被害に遭うことも!

 

論! 公式サイトで安全に仲良く視聴しよう!

 

田村正和主演【パパとなっちゃん】の作品概要

田村正和主演【パパとなっちゃん】の感想

 

田村正和さんのパパは安心感がありますね。
小泉さんはセリフもかみかみ、2人の大御所に助けられた作品ですが、とてもほっこりする作品です。

 

「顔はかっこいいんだけれど、娘のことではかっこ悪くなってしまう父親」を演じる田村正和と、
「父を愛しながらも、父の元から旅立っていく娘」を演じる小泉今日子。
「父と娘の間に立って、2人の最大の理解者となっている母方の祖母」を演じる白川由美。

3者の掛け合いは正に「等身大の家族」。
妻を亡くした後は一人娘の成長が「生き甲斐」となっている父。
娘はそんな父の「溢れるほどの愛情」を感じながらも、時に鬱陶しく思い、ぶつかる時もある。

初回から最後まで一貫して「娘がいずれ結婚して家を出て行く」という雰囲気が漂う。
初回が二十歳の大学生時の設定で始まって、最終回では25歳・・・それを全10回で、つまり5年を10回に区切ってエピソードを語っていくので、1つのエピソードから時間が半年くらい空く。

展開がとても早いように思えるが・・・「父と娘の関係」が全編を通しての主題なので、元々高校生でも大学生でも社会人でも違和感は感じずに済む。逆に登場人物が絞られている分、父と娘の葛藤や愛情が前面に押し出されていて、心に訴えかける展開。

小泉最大のヒット曲となった主題歌「あなたに会えてよかった」は、他の小泉の曲とは雰囲気が異なるが・・作品のテーマに合致した名曲。
作品自体の価値をも高めた。

最後に登場人物をもう1人・・・夏実に片想いする浜ちゃん演じる「梅ちゃん」。
「報われない愛」と分かっていても、最後まで夏実の味方であり続けた。
そんな彼の「報われない想い」もこの作品が泣ける要素のひとつ。

 

  DVD『パパとなっちゃん』(1991)を観る。
駅前が狭かった頃の永福町駅の住宅地の風景が楽しい。
たまさか、井の頭線が走ったりしている。
やっぱ、懐かしい。武蔵小金井に住んでいたころ、明大前で乗り換えて、千歳船橋に通った。
今は橋上駅だそうだ。
ふ~ん、そーなんだ。
季節が冬から春の設定のようで、樹木は冬枯れである。
オープニングはお正月のようで、永福町の住宅の玄関前に立派な角松が飾られる。
竹3本を松で囲み、荒縄で結んだ形の角松である。
失われた日本の風景って、よいなあと思う。
玄関前のアプローチには、常緑樹が繁り、梅や桜の落葉樹もある。
やっぱ、一戸建てはよいなぁと羨む。
田村正和は、妻に先だたれ、一人娘をもつ父親役である。
娘は小泉今日子だ。
『パパはニュースキャスター』や『パパは年中苦労する』でも、父親役だった。時系列で見ていくと、父親の頑固度がエスカレートしていく。『オヤジぃ』ころまでは、観ている。
酔うと、女性をくどいたりする役柄なので、飲むシーンが多い。
おでん屋の屋台でイッパイだったり、女性のいるバーでも痛飲する。

『パパとなっちゃん』はホームドラマだが、パパの育児手帳のようなドラマである。
そういえば、このドラマの原型は『パパの育児手帳』(1962)かもしれない。
『パパの育児手帳』なんて、今の時代、誰も知らないだろう。
小6から中1のころのお昼のTBSのホームドラマだった。
どうして見れたのか不思議だ。でも、しっかり記憶している。
『パパとなっちゃん』は娘を溺愛し過ぎのドラマである。
あまりにも娘ベッタリで、歯が浮く感じもあるから、十年前なら、こっ恥ずかしく、観るのを止めていただろう。
待て。今やワタクシ、孫、溺愛感覚でみているのか???。
まあ、父親の経験者なら、今観ても、きっと照れくさいだろう。

『花嫁の父』のころから、子供のくせに、父親の視線から観てきた。
披露宴の混雑で、父スペンサー・トレイシーは、とうとう娘のエリザベス・テイラーに言葉をかける暇さえもなかった。
帰宅して、シミジミもの想いに沈みこむ。
その時に、電話がかかってくる。
駅から、娘のエリザベス・テイラーが父に送る最後のおやすみの電話だった。
子どもながら、グッと来る。
子供の分際で、父性などあるのだろうか。
う~む、謎だ。

 

リアルタイムでは子供過ぎて見ていませんでしたが、最近じっくり見る機会がありました。なんと言っても、父親役の田村正和さんが最高です。娘と対等に向き合い、悪いことは怒り、導き、それでもエゴが出て自分の気持ちを押し付けようとしてしまう。コミカルにテンポよく進みますが、田村正和さん演じるお父さんの気持ちを考えると切なくなりました^^;

脇を固める白川由美さん、橋爪功さんも素晴らしいです。

星を1つ減らしたのは、小泉今日子演じる「なっちゃん」があまりにガキ臭くて不自然だからです。ここまでお父さんの気持ちがわからない幼稚な20歳は珍しいかな。申し訳ないけど、中学生くらいのメンタリティです。髪型もワカメちゃんみたいで変。歌唱力のない彼女のあの主題歌も、ヒットしたようですが、私にはしつこく感じて嫌い。あとはダウンタウンの浜ちゃんも出ていますが、声がうるさすぎて疲れます(笑)

なんだかんだ良いドラマだったと思えるのは、やっぱり田村正和さんあってこそですね!

Yahoo!より

 

 

タイトルとURLをコピーしました