1990年代 日本のドラマ

ドラマ【ずっとあなたが好きだった】のフル動画を全話無料視聴!第1話から最終回まで!

ドラマ【ずっとあなたが好きだった】のフル動画を全話無料視聴!第1話から最終回まで!

佐野史郎さん演じるマザコンでオタクな「冬彦さん」が話題だったTBSの恋愛ドラマ作品といえば、ドラマ【ずっとあなたが好きだった】ですよね!

今日はドラマ【ずっとあなたが好きだった】無料で見る方法について調べてみました!

結論からいうと、ドラマ【ずっとあなたが好きだった】を無料で視聴するなら公式動画配信サイトParaviがベストの選択でした!
本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は Paraviサイト他各動画配信サイトにてご確認ください。

無料トライアルがある動画配信サイト【Paravi】に登録すれば、

今すぐ無料でドラマ【ずっとあなたが好きだった】を見ることができるよ〜

ドラマ【ずっとあなたが好きだった】を無料で観られるParaviって何?

ドラマ【ずっとあなたが好きだった】が無料で観られるParaviってどんなサイト?

アヤしくないの?

まぁ、わかるけどね・・・。

じゃあ、Paraviについてもう少し詳しく説明イタシマショ〜!

Paraviで配信中の人気作品

Paraviの無料トライアルを体験済みの場合

 

すでにParaviの無料トライアルを利用済みで、どうしてもドラマ【ずっとあなたが好きだった】を無料で観たいという人にも、別の動画配信サービスの無料トライアルっていう手段が残されている可能性があります!

早速、ドラマ【ずっとあなたが好きだった】がどのサイトで配信されているか観てみよう!

△ = 有料配信 × = 配信なし
サービス名配信状況お試し期間
U-NEXT×
Hulu
TELASA△(ポイント利用可)
Paravi
FODプレミアム×
Abemaプレミアム×
amazonプライム×
dTV×
TSUTAYA TV
TSUTAYA DISCAS

※2020年9月調べ 最新情報は各動画配信サイトでご確認ください。

Paravi以外でもその他のサービスを利用すればドラマ【ずっとあなたが好きだった】を今すぐ見られるよ

Hulu

TSUTAYA TV

無料トライアル期間が終わると、自動更新されて有料での利用がスタートします。
もしも無料期間だけで解約するときはお試し期間中に解約するのをお忘れなく!

ドラマ【ずっとあなたが好きだった】は動画アップロードサイトで見れない?

動画といえば、動画アップロードサイトをイメージするかも知れませんが、テレビ、映画などの映像作品は公式サイトを利用しないと罪に問われる危険性がありますから、注意です!

 

違法にアップされた動画をダウンロードしても刑罰の対象になります。

 

 

違法アップロードサイトでは詐欺被害やコンピューターウイルス感染被害に遭うことも!

 

論! 公式サイトで安全に仲良く視聴しよう!

 

ドラマ【ずっとあなたが好きだった】の作品概要

ドラマ【ずっとあなたが好きだった】の感想

 

90年代に「マザコン」という単語を流行らせ、社会現象となったドラマ。
ある種の生き方に対する不寛容と取られかねない場面もあるけど、理解不能な他者に生活を支配される恐ろしさをリアルに描写してると思う。

一番の見所は佐野史郎&野際陽子の怪演。彼らの演技を見て脚本が大きく変わったという。オープニングの映像が意味不明なのは、ストーリーに柔軟性を持つためだろうか。サザンの曲がミスマッチで奇妙な効果を生んでる。

重要なシーンの連続でグイグイ展開していくので、1話も飛ばさずに観るべし。でも1つ1つのシーンにたっぷり尺を取っており、せわしない印象は無い。ゆったり落ち着いて時代の雰囲気を楽しめる。

このドラマが放送されてから数年の間、マザコンじゃないかどうかが人付き合いの上で重要視されていた覚えがある。フィクションの持つ、人の価値観に働きかける力がフルに発揮された例である。

 

野際陽子サンの突然の訃報、大変寂しく思います。

私はテレビドラマというモノが本当に好きで今現在でも沢山のドラマを観ますし幾つかBOXを購入しコレクションしています。
90年代という時代は良いドラマと良い音楽が沢山あった素敵な時代だったと思うし、今の作品には無いもの、欠けているモノ、表現されていないモノがあります。

90年代のドラマは私がドラマを好きになり見始めた頃でもあり原点になります。
野際陽子サンが出演している作品も大変多く拝見してきましたし、野際陽子という女優が好きでした。
なのでとても残念ですね…

その中でも1番好きな作品だったのが今作のずっとあなたが好きだったでした。サザンの涙のキスも本当に優れていた。
冬彦サンの怪演ぶりが当時話題になり、それが今でもよく言われますが当時の私も少なからずそー思ってはいた…
しかし大人になって思う事は、この作品は冬彦の苦悩というモノをとてもよく表現していたと思う…
色々な意味の代償や歪みが冬彦という人物を形成してしまい、あーいう生き方や歪んだ愛し方しか出来ない人間になってしまったのだと…
(私は大岩クンと美和の2人には最後の最後まであまり共感する事は出来なかった。
それはやはり冬彦という人物がただ単に気持ち悪いとかこわいとかそーいう風には思えなかった事、そしてなんとなくだがこの人ってなんか可哀想な人だなって、そんな風に私は思い感じたから…)

色々と感じるモノや思う所が本当に多かったし強かった、そんな心に残る良い作品でした。

 

【良い点】
毎回飽きさせない過激な内容
冬彦役の佐野史郎がマザコンっぷり、幼児性を怪演
その母親役の野際陽子が溺愛っぷり、イヤミっぷりを熱演

【悪い点】
どっちつかずのラガーマンの布施博にちょっとイライラ
佐野史郎と野際陽子のキャラクターが強すぎて他が霞んでしまう

【総合評価】
マザコンの冬彦さんはドラマの特集で何度も見たが、実際に見てみるともっとすごかった
OPの映像は意味不明だが曲はよかった

 

昔は、フユヒコさんを「ただのマザコン」として、見ていましたが、フユヒコを現在の発達障害、自閉症、アスペルガーと見ると、ぴったり合う。賀来千香子の、「フユヒコと結婚してから、よく眠れない、私たちは夫婦なのに一体どういうことなの」また、フユヒコが刑務所で、最後、「僕は機械になりたい。物になりたい。僕は友達もいなかった。勉強ばかりで、、、」フユヒコの「どう愛したらいいかわからないんだ」と、泣くシーン。最終回の、賀来千香子産む息子(フユヒコの子ども)が、布施博演じる父親に、子どもにはそぐわない大きなメガネをかけられるが、これも、象徴的であった。

 

サザンのテーマソング「涙のキッス」から始まる、このストーリーは、個人的に佐野史郎の「冬彦さん」一人勝ち!という気がする。加来千賀子が初恋の人と結ばれても、私の脳裏に残るのは冬彦演じた佐野史郎だ。加来千賀子が冬彦を刺して、刑務所に会いに言った時「離婚届は君が出してね。子供に父親はいないんだから」と冬彦の台詞に不覚にも私は涙してしまう。全国に何人の冬彦がいて、これを見ていたかわからないけど、このドラマは個人的に思い入れが深すぎるのでまた少し年齢を重ねてから見たいと思う。エンディングで冬彦が集めていたチョウチョが、加来千賀子の新しい家族を不気味に見送っているのが凄いと思った。冬彦はただのマザコンではなく、日本男性の何か共通点を持ったキャラなのかもね・・・。そう考えると、ちょっと怖い。けど、ドラマはやっぱり、面白い。

 

Amazonより

 

タイトルとURLをコピーしました